深夜のカフェ


なにやら、怪しいタイトルになってしまいましたが別に危ないことしてる訳ではありません。 不定期ではありますが親しい友人が何人か集まって外でカフェを開いています。 仕事明けが基本なのでどうしても始めるのが遅くなり、上記のようなタイトルに。 特に凄いことやってる訳ではなく、深夜の川沿いの公園にコーヒー道具一式とお茶菓子持って行きお茶しながらくっちゃべってるだけなんですが、これが結構楽しいんでやす。 ポイントは新鮮なコーヒー豆をその場で挽いて淹れたてのものを飲むこと。写真はその主人公のミル君です(かれこれ12年選手)
今回で第10回目(多分)を迎えたこのカフェ今後どう展開してくのか我ながら楽しみであります。
皆様も機会ありましたら是非おためしを!